男女混合セーリングチーム
梶本/川田組のウェブサイトです。
ナクラ17級という
水中翼で海面から浮き
風のように疾走するヨットで
東京オリンピックセーリング競技
メダル獲得を目指しています。

MISSION STATEMENT

梶本/川田組の活動目標
Fly for the MEDAL
TOKYO 2020
東京オリンピック
メダル獲得

人生をセーリング競技に賭け、一度は頂点を極めた梶本和歌子が、競技を続ける理由。
医師としてのキャリアを捨て、セーリング競技に復帰した川田貴章が目指すもの。
メダル獲得。
人生を賭けて決意をし、始動したふたりの目指すところに
揺るぎはありません。

私達はまた、競技成績を超えたミッションを達成します。

  • 動画のネット配信などを通じ、セーリングの楽しさをアピールします。

  • ナクラ17は、男女ペア種目です。

  • ハイパフォーマンス艇・フォイリングのノウハウ獲得と普及、優秀なセーラーのクルーへのリクルートメント、勉学とスポーツの両立の応援

  • 社会、企業に貢献する、真のプロアスリートへ

SAILORS

2017年に結成した男女混合チームです

梶本(田畑) 和歌子

橋本総業所属
ヘルム(舵/戦術)
1983年生まれ。ジュニアからセーリングを始め、1人乗り/2人乗り、ヘルム/クルー、水中翼付きヨットまで、幅広く活躍。 福岡第一高校でインターハイ・国体・全日本選手権優勝、第一経済大学で全日本学生ヨット選手権優勝、470全日本選手権2位・女子優勝を飾る(ヘルム)。
社会人となってからは、470級女子で2012年ロンドン五輪代表、ワールドランキング1位に上りつめる(クルー)。 2015-2016年にはナクラ17級の日本唯一のチームとしてリオ五輪を目指して活動。2016年にはモス級(水中翼付き1人乗り)の世界選手権女子優勝。 日本セーリング連盟指定強化選手
頑張ります

川田 貴章

ミキハウス所属
クルー(帆/バランス)
1983年生まれ。ジュニアからセーリングを始め、麻布高校で一人乗り種目で国体・全日本選手権優勝。
東京大学理科3類に入学後、470級ヘルムとして、北京五輪を目指し世界選手権で活躍。
その後、内科医として働きながら、審判として活動。
2016年、休職し、49er級のヘルムとして競技に復帰。次世代艇での勝利の鍵である、ヘルムを理解したクルーが不足していることを痛感し、自ら道を切り拓くべく、クルーに転向した。
日本セーリング連盟ルール委員会規程管理小委員会副委員長、日本470級協会理事、A級審判
日本セーリング連盟指定強化選手、東京都認定アスリート
人生は2度ない、チャンスはたった1回。後悔のないよう、全力で取り組みます。

<クラウドファンディングのお知らせ>
私達、梶本/川田組は、
今回のチャレンジにあたり
皆様のご支援が必要です。
現在、活動資金調達のため
クラウドファンディングを
おこなっております。
詳細につきましては
こちらのリンクをご覧ください>>

ブログ

最新の活動報告

GET IN TOUCH

お気軽にご連絡ください!