決意しろ
そして切り拓け

ナクラ17級男女混合セーリングチーム 梶本/川田組

水中翼で水面から浮き疾走する“空飛ぶヨット”、ナクラ17で、
東京オリンピックメダル獲得を目指しています。

ナクラ17級とセーリング競技の紹介

梶本(田畑) 和歌子

ヘルム(舵/コース) 橋本総業所属

1983年生まれ。ジュニアからセーリングを始め、1人乗り/2人乗り、ヘルム/クルー、水中翼付きヨットまで、幅広く活躍。 福岡第一高校でインターハイ・国体・全日本選手権優勝、第一経済大学で全日本学生ヨット選手権優勝、470全日本選手権2位・女子優勝を飾る。470級女子でロンドン五輪代表、ワールドランキング1位に上りつめる。 2015-2016年にはナクラ17級の日本唯一のチームとしてリオ五輪を目指して活動。2016年にはモス級(水中翼付き1人乗り)の世界選手権女子優勝。セーリングキャリアの中で、掴み残した目標、オリンピックメダル獲得に向け活動中。
日本セーリング連盟指定強化選手

川田 貴章

クルー(帆/バランス) ミキハウス所属

1983年生まれ。ジュニアからセーリングを始め、麻布高校で一人乗り種目で国体・全日本選手権優勝。 東京大学理科3類に入学後、470級ヘルムとして、北京五輪を目指し世界選手権で活躍。 引退後、内科医として働きながら、セーリング競技審判として活動。 セーリング競技への思いは消えることなく、2016年、休職し、競技に復帰。次世代艇での勝利の鍵である、ヘルムを理解したクルーが不足していることを痛感し、自ら道を切り拓くべく、クルーに転向した。
日本セーリング連盟ルール委員会、日本470級協会理事、A級審判、日本セーリング連盟指定強化選手、東京都認定アスリート

MEDIA

“飛ぶヨット”でメダルを目指せ!

約10分間、特集されました。ナクラ17のカッコ良さ、面白さを追求するため、360度カメラやドローンを駆使して撮影されました。

NHKおはよう日本
けさのクローズアップ
2017年12月10日

「空飛ぶヨット」東大卒内科医、セーリング・川田貴章が“ドクター選手”として描く夢

カラーで大きく掲載されました。ナクラ17やヨット競技の魅力など深く掘り下げた記事になっています。

スポーツ報知 2018年1月16日全国版朝刊

セーリング・川田貴章“医者休業”で東京五輪へ

スポニチ 2017年9月28日

新オリンピック艇種ナクラ17級、日本上陸

ヨット、モーターボートの雑誌KAZIにナクラ17と、梶本・川田組の紹介。表紙にもなりました。

KAZI 2018年2月号

「空飛ぶヨット」で目指す東京五輪メダル、ヨーロッパで武者修行も 元世界ランク1位と医師のペアが挑む「ナクラ17級」

ハフポスト 2017年2月1日

【高論卓説】五輪目指す若者を支える 国民の善意届いた「東京1964」に倣え

SankeiBiz 2017年2月1日

「空飛ぶヨット」で大海原へ

Social Magazine
SHONAN VISION Vol.6
2018年3月

SCHEDULE

東京オリンピック出場権を得るのは1チームです。 2019年に行われる代表枠のかかった国際大会で日本人チーム1位になることと、国別順位でおおよそ20位以内をとる必要があります(例えば、1位アメリカチーム、2位イギリスチーム、3位イギリスチーム、4位梶本/川田組であれば、日本は国別順位では3位です。)

  • 2017年5月 水中翼付ナクラ17出荷開始
  • 11月 梶本/川田組 ナクラ17を入手し活動開始。コーチ獲得
  • 2018年 国際大会出場開始。練習パートナーの獲得
  • 2019年 国際大会上位へ。オリンピック代表枠獲得
  • 2020年 東京オリンピックメダル獲得

2018年の予定

  • 3月 プリンセスソフィア杯(スペイン)
  • 6月 キールウィーク(ドイツ)
  • 7月 ヨーロッパ選手権(フランス)
  • 8月 世界選手権
  • 9月 セーリングワールドカップ(江ノ島)、オリンピックウィーク(江ノ島)
  • 秋~冬 獲得した練習パートナーと、国外合宿

RECORD

under construction..

SAILING

セーリング競技

セーリング競技は、帆(セール)に風を受けて走る船で行われる競争で、ヨットレースとも呼ばれます。手漕ぎのボートやカヌーとは、別の競技です。競技内容はシンプルで、一斉にスタートし、コースを周回し、フィニッシュラインに着いた順に着順が決まります。1レースは30分程度。数日間かけ、約10レース行い、その平均で勝者が決まります。 オリンピックのセーリング競技は、近代オリンピック初期から採用されていて、ナクラ17の他に、1人乗り、2人乗り、ウインドサーフィンなど、10種目あります。神奈川県の湘南で行われる東京オリンピックのセーリング競技は、ビーチから見える位置にコースが設定され、オンボードカメラやドローンによる臨場感のある中継が行われます。

勝敗を分けるポイント

  • フィジカル 数十kgの重さのロープを素早く引き続ける筋力・パワー・有酸素持久力。高速のGと揺れる波の中でパワーを発揮し、ミリ単位の操船をこなすための体幹の安定性/バランス。総合的な身体能力が求められます。
  • 頭脳 次の風を予測し、人vs人の駆け引きの中で、良い風を相手より早く受けるための最適なコースを選択します。
  • スピード 船の性能を100%引き出す、操船テクニックと、流体力学の理解と工作力が求められるチューニング。

セーリングをやってみよう

セーリングは、実は敷居の低い、生涯楽しめるレジャーです。セーリングを楽しむには、やってみるのが一番です。

Fun Sailing(日本セーリング連盟)

MISSION STATEMENT

私達は、競技成績を超えたミッションを達成します。

セーリングの普及

映像、SNS、メディアを通じ、セーリングの魅力をアピールします。

女子選手のトップレースシーン進出

ナクラ17は、男女比1:1の、ペア競技です。

次世代選手への貢献

ハイパフォーマンス艇・フォイリングのノウハウ獲得と普及、
勉学とスポーツの両立の応援、優秀なセーラーのクルーへのリクルートメント

地域社会・企業への貢献

社会、企業に貢献する、真のプロアスリートへ。

TEAM

コーチ

Anton Paz

北京オリンピックトーネード級金メダリスト(スペイン)

WEB

ビーチサイドワークス

七里ガ浜の小さなデザイン会社。メンバーの大塚は東京工業大学ヨット部OB。
http://beachsideworks.com

一緒に五輪を目指す仲間を随時募集中

SPONSOR